マジカルくりえいと
アニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、音楽等。 コメディー小説を中心とするサブカルチャーアートです。
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/01/30 03:42
マサシのチョコレート02
 …帰り道。マサシは肩を落としながら歩いた。
別に、マサシもチョコレートを全て食べることが出来なかったからといって、悲しみにくれるほど精神的に脆くはない。ただ、あけみの慰めの言葉だけが辛かった。
 「大丈夫よ!あなたなら次こそできるわ!
わたし、マサシを信じているもの。」
 …そう、まだあきらめたら駄目なのだ!このままではただの駄菓子(駄目な菓子の子)になってしまう!
マサシはもう一度勇気を振起し、お菓子屋さんへ向かった。けれど、そこで待っていたのはさらに悲しい結末だった!
マサシの大好きなピックルが置いていなかったのだ!マサシはあちこち探した!けれど見つからない!そして店員に聞かされた言葉は残酷な言葉だった!
 「ああ、あのお菓子ならもう何処にも売っていませんよ。たぶん人気がなかったから販売停止になったんでしょう」
 …マサシはその夜、一晩中泣き明かした。悲しみに落ちて、マサシはもう生きる気力さえ残されていなかった。そんな時でさえ時間は流れ、朝が来るのだ。
 マサシは身体を引きずる様にして、学校へ向かうと、その途中、あけみとばったり会ってしまった。いつもなら嬉しいはずなのに…
 「おはようマサシ!」
 「う、うん。おはよ…。」
 「どうしたの?元気ないね。」
 「ただの寝不足。」
 その時、あけみはふとマサシの鞄がいつもより嵩が少ないのに、重量感があることに気がついた。おかしい…もしかしたらお菓子が入っていないのでは?それっておかしい?等とくだらない事を考えてしまったあけみは、心の中でちょっと反省した。けれど、今はそんなことよりマサシと、鞄の中身が心配だ。あけみは気になって、マサシに言った。
 「マサシ、鞄の中身見せて。」
 「…わかった。」
 そう言って二人は立ち止まり、鞄を置いた。マサシは出来ればあけみに鞄の中身を見せたくはなかったが、どうやら全て見透かされている様である。マサシは覚悟を決めて、鞄のファスナーを手に掴むと、思い切って鞄をあけた。すると、
 「私のじゃないわよ!」
 と激しく突っ込まれて、マサシも言い返す。
 「痛いなぁ!なんで僕の鞄見せなあかんねん!?」
「私こそどうして自分の鞄の中身見せられなきゃならないのよ!そんなことより、あな    たの鞄、今日はチョコレート入ってないでしょ!?」
「別にええやろ!チョコが入ってなくても教科書が入ってりゃ!」
「そんなの絶対におかしいわ!」
「何がおかしいねん!?」
「お菓子に異なるを付け足して書いてお菓子異のよ!」
「そんな駄洒落聞きたくないわ!」
「…マサシ、どうしてなの!?昔、私に言ったじゃない!何でも一生懸命やるこてが大事なんだって!」
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学



コメント


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

プロフィール

ラブコメディー

Author:ラブコメディー
ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



Amazon人気商品





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。